泉霊園にて

だいぶブログの間が空いてしまいました。。反省。

泉霊園の芝墓地にて施工した墓石を紹介させて下さい。

「亀屋石材」「亀」にインスピレーションを感じ「亀」好きのお客様が今年の春先に訪問されました。亀好きの店主がいるとの噂でご訪問され、自分たちのお墓にも「亀」をあしらいたいとの希望で。店主の亀グッズに和気合い合いと、これまた楽しく商談させていただきました。
そのような商談でどんどんとインスピレーションが沸きお客様も交えてアイデアを出し合い、とても可愛いらしく、お洒落なお墓が完成いたしました。

IMG_1414 IMG_1418 IMG_1416 IMG_1415

桜色の御影石に黒御影石のプレートを貼り付け、桜の時季に建立するので「桜」を彫刻して下の黒御影石のプレートにまで花びらを彫刻、そして前方にはお客様希望の亀を守り神のように「阿」「吽」の亀!!
バランスもとても良く、亀のアイデアも抜群に生かされて、とっても印象に残る仕事となりました。
お客様のブログでも私たち「亀屋石材」の事務所を訪問された様子がブログに載っております!!https://kacco.kahoku.co.jp/blog/kamekichi58/63006

このようなお仕事に携わることができ、とても嬉しく思います。

「想い」を墓石に。

さぞ、お墓参りに来た方々が癒され「ほっ」とするでしょうね~。

◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 宮城仙台の墓石・お墓 ~石に寿を~
◇  有限会社亀屋石材
宮城県宮城郡利府町神谷沢字塚本72-1
TEL:022-255-7130   FAX:022-396-0316
http://kame-ishi.com
メールでのお問合せはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆◇

謹賀新年!2016 申年

2016年 スタートですね!
皆様、今年も宜しくお願いいたします。
亀屋石材 新年度から新しい製品をご用意して春彼岸へ向けて
お客樣に提案していこうと思います。(ここで熱く誓わせていただきます!)

私事ですが、新年から石への情熱を体に入れる為に、富谷町へ秋保岩で作られた
釡焼きPizzaを食べてきました。狛犬をモチーフに作られたPizza釡!
img_1449140780_26I2_1
Pizzaもアツアツで美味しくて、窯の後ろに見える「唐草模様」の手書きには拘りさえ感じて
とてもユニークなお店でした。そんな縁起の良いPizzaを食べながら今年のに想いを
馳せて2016年 スタートします!

皆様にとっても良い年になりますようお祈りいたします。
IMG_7946

◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 宮城仙台の墓石・お墓 ~石に寿を~
◇  有限会社亀屋石材
宮城県宮城郡利府町神谷沢字塚本72-1
TEL:022-255-7130   FAX:022-396-0316
http://kame-ishi.com
メールでのお問合せはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆◇

「大切なお墓のメンテナンス」配布中!

先週から地元利府町を中心に「大切なお墓のメンテナンス」と題した豆知識の詰まった見開き冊子をポスティングさせていただいてます。
「大切なお墓のメンテナンス」を見て当社のホームページ、ブログを見に来てくれてる方々もおられるかと思います。    「ありがとうございます。」

何故このような冊子を作ろうか、と思ったきっかけはと言いますと、、、、
長年現場で働いていますとよくお墓参りに来られる方々からお墓のお手入れや対処方法などを聞かれる事が多く、それらをまとめてみようかなぁ。と、そんな想いで作りました。
確かにお墓の事となると、自分自身でできる事なのか、業者に頼むべき事なのか迷う方もおられますね。今は大変便利な世の中でホームセンターなどで購入できるものが沢山あります。
自分でできる事も多々ありますね。
私も常にこの石材にはこの敷き砂利が映えるなぁ、などと考えながら楽しんで仕事をしております。

この豆知識が皆様のお墓に少しでも役に立ってくれたならよいな~~~。

mennte

◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 宮城仙台の墓石・お墓 ~石に寿を~
◇  有限会社亀屋石材
宮城県宮城郡利府町神谷沢字塚本72-1
TEL:022-255-7130   FAX:022-396-0316
http://kame-ishi.com
メールでのお問合せはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆◇

 

秋彼岸

明日から秋のお彼岸に入りますね。
石屋の私逹は、お盆、お彼岸、お正月、等の間はお寺に入ったり各霊園などに入って作業する事はほとんどありません。その間は作業は休み頂きます。
その他諸々の仕事は勿論ありますが。。。
なのでちょこっとブログでも書いておこうかな。

近年お寺との付き合い方やお寺選び、そしてお寺離れの話などをよく耳にします。
私の友人もお寺選びで悩んでおりました。入檀する費用やら、今後お墓を守っていく事、
御法事の費用、お布施の金額、等等。最初に考えてしまう事ですよね。
そして尚、親戚や周りからの沢山のアドバイスなどで選択に迷いや疑念も出てくる事も確か。
そんな煩わしさからお寺離れが始まってるのでしょうか。
仕事柄多くのご住職と接する事もありますが、仕事をしていてお付き合いですが私は最終的には「人」と思います。
ご先祖さま、父、母、兄弟、子供達、の魂を見守ってくれるわけですから金銭的や義務的ではお互いに距離感が掴めないままですね。
私はお寺を選ぶなら、そのご住職に沢山相談するべきと思ってます。
費用や行事のことは勿論の事。
人生相談でも、親子喧嘩の事でも、子供の反抗期、介護の事、転職など、そして心が晴れた時に菩提寺に選べると思うのです。
そのような付き合い方が望ましいですし、そうあるべきと熱く思うのであります。tora

◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 宮城仙台の墓石・お墓 ~石に寿を~
◇  有限会社亀屋石材
宮城県宮城郡利府町神谷沢字塚本72-1
TEL:022-255-7130   FAX:022-396-0316
http://kame-ishi.com
メールでのお問合せはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆◇

 

祝!ブログスタート

初めまして。
ブログを見に来て頂いた方へ
「こんにちは。
はじめまして、亀屋石材の専務ことノブイチと申します。
これからココで石材業務から感じる事や、私事、業界の時事などを発信していこうと思います。
なにせ現場主義者ですので、、、
弱冠世の中の動きに疎い面もありますが自分の勉強の為にも
ゆっくりのんびり亀の如く、ココで示していこうと思います。」

まずはじめに、何故に「亀屋石材」となったのか?
私の祖父は戦前「亀屋パン」を塩釜市で営んでおりました。
祖母は多賀城市で産婆をやっており3000人以上もの命をこの世に取り上げてきました。
戦時中の混乱の最中「亀屋パン」は閉店を余儀なくされ、
その後は米軍の海軍工廠でケーキ職人として働き続けました。
「亀屋石材」の現在の社長は創業時その「亀屋」を屋号にし「亀屋石材」と命名しました。
これが「亀屋石材」と名付けられた由来です。
パン屋さんと産婆さんから石材屋さんへ、、まさに揺り籠から墓場までと申しましょうか。笑

そんな「亀屋石材」ですが地元、利府に根付いて30年。
亀の如く、ゆっくり着実に誠心、誠意、お客樣に喜んで頂ける仕事をできるよう向上心と成長を忘れずに頑張っていこうと思っています。
水亀

 

◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 宮城仙台の墓石・お墓 ~石に寿を~
◇  有限会社亀屋石材
宮城県宮城郡利府町神谷沢字塚本72-1
TEL:022-255-7130   FAX:022-396-0316
http://kame-ishi.com
メールでのお問合せはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆◇